沖縄 日焼けしない 8月

沖縄旅行で日焼けしない!8月正午12時の紫外線はいかほど

SPFが高ければ一回でok顔はメイクをする時に一回だけ塗る白く残るのが嫌だから薄く塗る曇りであれば大丈夫出かける時だけ塗ればいいSPFが高ければ安全かSPFが高ければ大丈夫というのは家臣が禁物です。

 

沖縄旅行で日焼けしない!8月正午12時の紫外線はいかほど

 

まず日焼け止めにはSPFとPAという値がありSPFは紫外線Bを防御する力を表しています。

 

PAは紫外線Aを防御する力を示しています。
紫外線は2種類あるのでSPFだけでなくPAの値もちゃんとついているものにしないといけません。

 

それならSPFやPAの値が大きいものを塗っておけば安心とおもいかねませんが、実際にはSPFは30以上のものほとんど効果に差はありません。

 

むしろ値が大きくなるほど肌への影響が大きくなっていてデメリットが強くなっていくと考えられます。

 

ですので、値が大きいものを塗ればいいというわけではありません。

 

顔の紫外線対策は1日1回だけ肌の老化の8割は紫外線が原因である光老化だといわれています。
顔だけはシミやシワなどができないようにしたいものです。

 

しかしそれであれは1日1回メイクをする前に日焼け止めを塗るだけでは効果が不十分です。

 

日焼け止め成分の入っている下地化粧

を使っている人が多いと思いますが、日焼け止めクリームというのは23時間おきに塗り直さないといけない物です。

 

ですので、朝だけ1回塗るだけではとても不十分こひるや夕方などもやり直さないといけません。

 

白くなりたくないから薄く塗る日焼け止めクリームはある一定の量塗らないと効果がありませんが、たくさん塗ると白くなってしまうことから多くの人は少なくなっています。

 

実はSPFやPAのあたいがしっかりと効果を発揮できるりょうの日焼け止めクリームというのは膨大な量で手のひらに500円玉大を取り出したようです。

 

この量を顔に塗るととてもではありませんが、真っ白になってしまいます。

 

かといってそんなにたくさんのクリームを塗れといっているわけではありません。

 

そんなに塗ったら肌が荒れてしまいますし、見かけも悪くなります。

 

ですので、薄く塗りが違う傾向があってそれでは効果が弱くなってしまうということを分かっておく必要があります。

 

曇り雨の日には日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームを取るのは出かける時だけ長時間日に当たるときだけ曇りのときや雨の時は取らなくても大丈夫と思っている人は要注意です。

 

紫外線Aは年中降り注ぐ曇りや雨の時でも30%の紫外線は到達する肌の影響は貯金のように溜まっていくどんなときもクリームを塗っておかないといけない理由はこのようなところにあります。

 

紫外線には紫外線8紫外線Bの2種類がありますが、紫外線Aはほとんど天候や気候にかかわらず一年中降り注いでいます。

 

そして紫外線Bにおいても曇りの時で太陽が隠れている時でも30%から50%が地表に到達します。

 

さらに紫外線Aはガラスを透過する力があり家の中にいても紫外線の影響を受けます。

 

そして最大の恐怖は紫外線の害は蓄積するということです。

 

トータルで浴びる量が増えれば増えるほどシミやシワの原因になり皮膚がんになる可能性も高くなるということです。

 

ですので、ちょっとした時間曇りや雨の日でも飲む日焼け止めクリームはしっかりと塗る必要があるのです。

 

正しい対策をして太陽と上手に付き合うここまででただ日焼け止めクリームを塗っておけば万全というわけではないことを開設してきましたが、あまりにも紫外線の影響について考えすぎるとストレスになります。

 

参考リンク

おりもののニオイ
おりもののトラブルニオイを治したい方におすすめのサイトです