沖縄 紫外線 ヤバイ

沖縄の紫外線はヤバイ!なぜ日焼け対策が必要

日焼け止めクリームは他の対策と併用すれば効果が十分に帰属します。

 

沖縄の紫外線はヤバイ!なぜ日焼け対策が必要

 

例えば長袖歯折ったり日傘を差したりすれば23時間おきに厳格に塗り直さなくても大丈夫ですし、飲む日焼け止めなどを併用すれば塗る日焼け止めが届かない所にもケアをすることができます。

 

春先や秋などに太陽の光をさんさんと太陽の日を浴びるのは気持ちがいいものです。

 

自分がストレスだと感じない範囲で日焼けの対策をすることが将来の美容対策家皮膚がんなどの対策に良いと思います。

 

なぜ紫外線を浴びてはいけないの紫外線の強い影響とは初夏から夏にかけてドラッグストアは日焼け対策のクリームやスプレーなどなどがたくさん陳列されて紫外線対策一色になりますね。

 

それだけ皆紫外線は対策したいと思っています。

 

でも紫外線クリームを取るのは面倒なもの1回塗ったらのりっぱなしだったり洗濯物を干すときはつけなかったりなどいつもしっかり対策しているわけではありません。

 

なぜ紫外線がいけないのか紫外線対策をしないといけないのは何故なのか原因についてわかっていると紫外線対策がしっかり行うようになります。

 

自分自身もこれまで日焼けをあまりしない肌質でほったらかしにしていましたが、急にシミができるようになってとても後悔しています。

 

紫外線で肌が老化する

紫外線対策をしないといけない一番大きな理由は肌が汚くなってしまうところです。

 

紫外線は浴びればいうほど肌が老化していきます。

 

この写真は有名なのでどこかのページで見たことがあると思います。

 

なぜか顔の半分がしわくちゃになっています。

 

この理由は紫外線が半分に当たった事でした。

 

トラックの運転手をしていたので左半分に紫外線をたくさん浴びてこのように長い間で差ができてしまったのです。

 

この方は男性などで日焼け止めクリームを塗っていなかったのだと思いますが、紫外線対策を怠ると誰でもこのようになってしまう可能性があります。

 

それ以外にもたるみの原因なるということがわかっていますし、年を取ってできるシミやシワの主な原因になります。

 

肌がメラニン色素で黒くなるというのももちろんあります。

 

白内障や皮膚がんなどの深刻な影響もあります。

 

病気になりたくないのはもちろんですが、肌が汚くなるなど美容的なダメージも大きいと思います。

 

肌の老化は防ぐことができる紫外線というのは肌を汚くしたり病気の原因なるなどデメリットがたくさんあるように感じられますが、実は対策をすることができます。

 

皮膚の老化の80%は紫外線の影響だといわれています。

 

年齢でシワやシミが出るなどの影響は20%しかないのです。

 

ということは若いうちから紫外線対策をしておけば年をとった時にしみやしわを防ぐことができるということです。

 

実際に紫外線が当たらない所の肌をきれいです。

 

例えばおへその周りや胸など完全にシャツや洋服をかぶっているところは年をとってもかなり綺麗なものです。

 

シワやシミで汚くなってしまうのは手の甲や顔といった紫外線が当たる部分なのです。

 

今でも遅くない思い立ったらuvケア

紫外線が影響で肌が老化してしまう病気を引き起こすこともあるということがわかりいただけるたと思いますが、紫外線対策は今からでも遅くありません。

 

若い頃は紫外線の影響が出ないので適当にサボってしまったりほったらかしにしがちですが、そのツケは後で回って来てしまいます。

 

50代60代になって肌をきれいに保っているためには若いうちから紫外線の対策を始めていくことが大切です。

 

紫外線の影響は貯金のように溜まっているといわれています。

 

です。

 

のでコツコツと紫外線対策を続けておけば良い影響も蓄積するはずです。