糖尿病 高齢者 食事通販

糖尿病の高齢者の食事通販サービス

糖尿病の高齢者の食事通販サービス

 

なぜ糖尿病になるのかを考えていくと糖質を取るとブドウ糖に分解されて血中に入りインスリンが分泌されてそれがブドウ糖をグリコーゲンに分解して筋肉に取り込んでそれでも余った場合は脂肪に変えて脂肪組織に取り入れるという風にします。

 

糖質をたくさんとってインスリンが出るとこうした作業をやり過ぎると膵臓が疲れて糖尿病になってしまいます。

 

これが2型糖尿病の始まりです。

 

インスリンの出が悪くなったり血糖値が上がっても何も感じないので少女は放置されてしまいますが、危機感がないのです。

 

しかし若者に多い1型糖尿病はウイルス感染などが原因で突然インスリンが出なくなります。
これは注射によるインスリンが補填が必要になります。

 

糖尿病の疑いがありといわれたら血糖値を下げていく必要があります。

 

自覚症状がないので聞き流してしまいますが、精密検査を受ける必要があります。

 

ブドウ糖75gオンでその後血糖値を測定するのはブドウ糖負荷試験です。

 

140未満ならいいかというとそういうわけでもなく間違いなく正常とはいえないものです。

 

ですので、糖尿病専門医にかかってほしいということです。

 

今の段階であれば糖質制限で治すことができます。

 

28年間にわたって糖尿病発症した人と発送しなかった人を1428人検査したところ12年ぐらい前からだんだんと血糖値が上がっていってブドウ糖負荷試験の検査の値が140超えて境界性糖尿病になってしまったということがわかります。

 

この段階であれば糖質制限だけで健康な体に星戻すことはできるかもしれません。

 

ですが、この時期に気付かなければ本格的に糖尿病になってしまいます。

 

ですので、糖尿病になってしまったら糖質制限だけで治すことはできませんので、そこまで行かないまでに治療しておく必要があります。

 

また糖質制限を行っていても合併症は出ます。

 

コントロールを血糖値をコントロールするのとても良いことなのですが、合併症をコントロールすることはできません。

 

ヘモグロビンエーワンシーは過去1ヶ月の平均的な血糖値を算定することができます。

 

糖尿病の高齢者宅配弁当

a1cが12.2アルト平均的な血糖値が300ぐらいあるということがわかります。

 

そんなに血糖値が高い人がいるのかと驚くかと思いますが、このように検査を受けていない人にはざらに見られることです。

 

こういう方は合併症が出てくるのも早いです。

 

糖尿病になのに通院してない人が34%思います。

 

虫歯だとすぐに通院しますが、深刻な糖尿病を自覚症状がないからといって放置してしまう方が多いのです。

 

 

糖尿病性腎症そして網膜症で失明すること心臓は払える老廃物をろ過する重要な機械で腎症が進行すると人工透析が必要なります。

 

しかしこれでろ過できる量は腎臓の1割なので顔色が悪くて疲れやすいという方が多いです。

 

それも一回の治療が4時間もかかって1日おきにしないといけないので非常に生活の質qolが落ちます。

 

ですので、血糖値の上昇を抑えるとともに腎臓病の進行を食い止めることが大切です。

 

参照元:高齢者の弁当宅配